Skip to Main Content
ホワイトペーパー

自動車用IGBTの特性化 – 独自の非破壊パワーサイクルテスト方式

自動車の電動化の増加に伴って、絶縁ゲート・バイポーラ・トランジスタ (IGBT) 市場は2023年までに500億ドルを超えることが確実視されています。ビジネスを成功させるには、信頼できるコンポーネントの開発が不可欠です。これらのコンポーネントは摂氏200度以上で動作するため、特性評価が困難です。

このホワイトペーパーでは、これらの重要なコンポーネントを特性化するための非破壊パワーサイクルテスト方式について説明します。

  • 熱経路の理解
  • 故障リスクの軽減
  • 高負荷での信頼性の向上

反復的で時間のかかる破壊試験はもう必要ありません。Simcenterはその代替となる非破壊方式を用いることで、コンポーネントのパフォーマンスを理解できるようにします。


ホワイトペーパーのダウンロードに必要な登録が完了しました。

共有