Skip to Main Content
ホワイトペーパー

シミュレーション主導の海底機器エンジニアリングを使用して、安全性、信頼性、効率性の高い海底機器を設計およびオペレーション

海底機器の設計とオペレーションは、エネルギー業界にとって最も難解な作業の1つです。シミュレーションと予測解析は難題を克服するうえで欠かせません。

マルチフィジックスのシステムシミュレーションを使用すると、海底機器、生産設備、制御システムを迅速に構築、評価、構成できます。高忠実度のシミュレーションアプローチは、複雑な多相流、熱現象、構造挙動を捕捉し、より詳細な知見を得られるため、設計判断への指針としても、機器オペレーションや流路保全の課題への対応策としても有用です。

このホワイトペーパーは、安全性、信頼性、効率性の高い海底機器の設計およびオペレーションにデジタル・ツインをどのように活用するかを例を交えて説明します。


海底機器エンジニアリングと流路保全の複雑な課題に対処するデジタライゼーション

シミュレーションとデジタル・ツインで複雑な課題に対処する方法をこのホワイトペーパーで学びましょう。

  • 多相流とマルチフィジックスのシミュレーション
  • 流力振動リスクの定量化
  • 腐食の予測と管理
  • 渦由来の動きと振動
  • 油圧システムの圧力上昇管理
  • 熱設計と性能
  • 水和物の回避と熱設計

海底機器エンジニア、流路保全エンジニア、海底生産システムエンジニア向けの包括的な内容

海底システム、流路保全、あるいは海底オペレーションや生産システムのエンジニアの方々や、海底エンジニアリングの調査に携わっている方々であれば、このホワイトペーパーで知識とスキルのさらなる充実を図ることができるでしょう。

海底施設の設計とオペレーションに役立つシミュレーションについて学ぶ: オンデマンドウェビナーを視聴

石油 / ガスオペレーションの予測的解析について興味がありますか。オンデマンドウェビナー「石油 / ガスオペレーションのための予測的解析ベースのデジタル・ツイン」は、Aker Solutionsがシミュレーションベースの予測的アナリティクスを使用して、海底システムのデジタル・ツインを作製し、製造を最適化した結果、製造遅れに起因する多額の損失をいかに回避したかを紹介します。

石油 / ガスオペレーションの性能エンジニアリングに関するそのほかのソリューションを見る

シミュレーションは、構造応答と反響から熱伝達、流体力学まで幅広い物理的動作を予測するのに役立ちます。石油 / ガスオペレーションの性能エンジニアリング向けSimcenterソリューションには、FEA (有限要素解析)、CFD (数値流体力学) などの3D CAE (Computer Aided Engineering) 手法で詳細を捉え、システム全体の挙動をシミュレーションする機能があります。SiemensのWebサイトで、石油 / ガスオペレーションの性能エンジニアリング向けSimcenterソリューションの幅広いラインナップをご覧ください。

共有