Skip to Main Content
ホワイトペーパー

重機械業界向けシステムエンジニアリング

重機業界向けのシステム駆動型製品開発 (SDPD) は、高い価値を生み出す実証済みの手法です。こうしたトップダウン手法および開発アプローチは、コラボレーション型、ドメイン包括型です。製品ライフサイクル管理 (PLM) などの技術に裏打ちされたこれらの手法は、重機メーカーが直面する多くの課題を解決します。

重機の設計 / 開発の複雑さを制御

プロセスを合理化してドメイン間の相乗効果を活用することに焦点を当てたシーメンスの次世代設計ソフトウェアプラットフォームを使用して、重機の設計、開発の複雑さを制御します。使用中の手法を更新してエンジニアリングコストを抑え、効率を改善し、ツールエコシステムをこれらのプロセスや手法に合わせて、より高品質の重機をより速く、より低コストで提供します。

重機 / 建設機械におけるシステム駆動型製品開発の利点

プラットフォーム、デジタルモデル、およびその他の製品関連情報を再利用すると、投資収益率が向上して開発サイクルは大幅に短縮します。重機製造では、再利用できるものを活かすことは確実なビジネスのためにも賢明ですが、デジタルモデルの価値を他の分野に拡張利用する方法も検討すべきです。例えばモデルベース定義 (MBD) で、製品製造情報 (PMI) を3Dモデルに付加します。MBDを導入することで重機メーカーは、設計をより深く理解して、製品品質や (内部および外部の) 製造プロセスを改善することができます。重機の開発でモデルベース・システムエンジニアリング手法を使用する利点の詳細は、シーメンスの重機に関するドキュメント (PDF) をダウンロードしてください。

共有