Skip to Main Content
ホワイトペーパー

海洋産業の入札/プロジェクト管理を改善

最新の船舶は複雑化が進んでおり、造船プロセスもまたそれに応じて難易度が高くなってきました。このため、造船所は大きなリスクに直面しています。プロジェクトの計画と実行を統合したソリューションは、高い入札/プロジェクト機能を提供しており、リスクを特定、低減し、最終的に収益性を高めます。

適切な入札管理で造船所が得られるメリット

造船プロジェクトの入札管理に対する統合的な手法には、見積もり精度を向上させる、より正確なスケジュールを短期間で立案する、高い可視性を持ってより良いコラボレーションを達成するといった利点があります。また、レビュー、承認、コスト見積もりなどのプロセスを効果的に制御することにもつながります。

包括的な造船プロジェクトのデータライブラリ

シーメンスのIntegrated Project Planning & Execution (IPP&E) ソリューションは、造船所が包括的な造船プロジェクトのデータライブラリを構築するのに役立ちます。造船所が包括的なデータを手に入れると、過去のプロジェクトのベストプラクティスや教訓を踏まえ、勝てる入札条件を提示できます。入札関連業務のデータを一貫性を持って収集することで、入札とプロジェクト実施の両方の精度を高めることができるでしょう。

プロジェクト管理に投資する

シーメンスのIPP&Eソリューションは、造船所の成功を支援するプロジェクト管理ソフトウェアです。一元化したライブラリに包括的な履歴データを格納しているため、それに基づいてより良い入札条件を作り込むことができます。また、入札業務全般のリスクを抑え、コラボレーションしやすい環境を醸成します。

このホワイトペーパーをダウンロードして、統合的なプロジェクト計画/管理について学びましょう。

共有