Skip to Main Content
ホワイトペーパー

クローズド・ループのコラボレーション型製造を実現

重機の高性能化が進んでいます。そのため重機メーカーは、急速に複雑化するハードウェア、ソフトウェア、電子機器の製品内部での統合を管理し、製品開発や性能の向上とともに差別化を促進することが求められています。これを実現するためには、クローズド・ループの連携的な製造を実現する必要があります。

CIMdataによるこちらのホワイトペーパーをダウンロードすると、ライフサイクルの初期段階でコストやリスクが低いうちに問題を特定・解決することの利点について詳しく知ることができます。

製品バリエーションの管理

重機メーカーは、製品バリエーションとグローバルな生産オペレーションの両方で、複雑化に直面しています。そこで必要になるのは、受注仕様生産による非常に複雑な製品バリエーションを効率よく管理できる連携的な製造機能です。このような機能により、グローバル要件や現地要件、顧客の個別要件に合わせて、製品を計画・生産し、保守や修理などのサービスを提供できます。

スマート・ファクトリー – スマート機器

製造業にはまた、スマート・ファクトリーやスマート機器に移行する動きがあります。最近の機器はソフトウェアや電子機器で駆動し、他の機械やシステムと接続できて、自動で動作するものが多くなっています。製品構成による生産への影響を解析し、全体的なスループットを最適化するには、コラボレーション型の包括的な製造環境が不可欠です。

コラボレーション型製造におけるデジタルツイン

クローズド・ループのコラボレーション型製造の鍵は、包括的なデジタルツインです。メーカーは製品の複雑化だけでなく、製造環境の複雑化にも対処しなければなりません。また、オンサイトとリモートの両方で保守や修理サービスを提供すべきです。最適化機能と実行機能を製造実行システムと統合することで、デジタルツインを構築し、製造を継続的に最適化することができます。

コラボレーション型製造が全体的な効率をいかに向上させるか、ホワイトペーパーをダウンロードしてご一読ください。

共有