Skip to Main Content
ホワイトペーパー

進化する医療機器の変化と複雑性を力に変える

読了時間: 約25分

共有

今日の顧客は、高度なソフトウェア駆動型機能が搭載されたコネクテッド製品を求めています。そして必ず、より多くの選択肢や、新しい種類の材料と仕上げも求めています。製品は、より高い安全性と適合性を持ち、より環境にやさしいプロセスで製造されていることが期待されます。多くの場合、より低価格で高性能、今まで以上に短い開発期間であることも期待されています。

複雑な医療機器や大型産業機械は、実質的に「超高度なサイバーフィジカルシステム」と化しています。これらの製品には、相互接続された数十の回路と、数百万~数億行のコードで記述されたソフトウェアコンテンツが含まれています。さらに、多数のセンサー、アクチュエーター、通信インターフェースで構成されています。


医療機器の電気機械設計にチャンスを見出す

これほど複雑な状況の中では、設計課題に対する特効薬や即効性のある解決策はありません。ただし、次のような選択肢は存在します。

  • これまでのサイロ化した縦割り組織間の障壁を低くし、部署を越えたチームワーク、効率性、市場投入期間を重視する新しい方法
  • 連携的でドメイン包括型のトップダウン手法と開発アプローチ。PLMなどの技術を活用することで、複雑さの管理、製品バリエーション、最適化とトレーサビリティなど、企業が直面する多くの課題に、最も初期の要件から稼働中の製品に至るまで対応します。
  • デジタルモデルならではの価値を活用したワークフローの作成

医療機器の電気機械設計の未来についての考察

高いスキルを持つ人材は不足傾向にあり、市場投入期間は短縮され、コスト圧力が高まる中で、設計ツールを使用してマルチドメインの設計ワークフローを強化し、自動化することは、ビジネス面でも技術面でも理にかなっています。幸いにもこのことは、新しい機能や、機械 / 電気ドメインのツールチェーン間のよりオープンでシームレスな技術統合によって、はるかに実現しやすくなりました。これから導入を始められる企業の皆様は、このような進化を活用した製品を新たに検討されるとよいでしょう。