Skip to Main Content
ホワイトペーパー

カスタム製造 – シーメンスのデジタル部品製造 (DPP) を導入する

共有

今日の機械メーカーが直面している最も重要な課題の1つは、カスタマイズのニーズが高まって新しい機械の導入がますます複雑になっていることです。 

かつてないほど、個々のニーズに合わせて高度にカスタマイズした製品が求められてます。もはや1つの製品ですべての人を満足させることはできなくなりました。 

カスタム製造への需要の高まりを受けて機械メーカーは、競争力を維持するためにモジュール式の多機能マシンを開発する必要があります。


部品製造の自動化

シーメンスのデジタル部品製造 (DPP: Digital Part Production) は、急激な複雑化に対応できる新たな設計 / 製造手法を提供し、製造スループットの最大化と最高品質の部品生産を実現します。包括的なデジタル・ツインにより生産プロセス全体をデジタルで接続し、設計と製造の間にある多くのプロセスを自動化します。

詳細は、ホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

工業生産におけるデジタル・ツイン

シーメンスのデジタル部品製造 (DPP) は、包括的なデジタル・ツインを活用する統合型デジタル化ソリューションです。この手法を使うと、機械メーカーは高性能部品の精度を極めながらオペレーション効率を高め、製造現場をより効果的に管理できます。

製品と製造のデジタル・ツインを使用することで、器具を準備して部材を切断する前に設計と製造をシミュレーションできるようになります。生産オペレーション全体を接続してデータの転送や複製を削減し、コラボレーションを改善してあらゆるプロセスを自動化できます。

詳細は、ホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

AMテクノロジー – 機械の受注生産

高度な自動CAMと部品製造同期化は、カスタム部品の設計と製造を合理化するのに役立ちますが、アディティブ・マニュファクチャリングを使えば、競合他社と差別化できる複雑な形状を作成することができます。機械メーカーはアディティブ・マニュファクチャリングを効果的に導入することで、増え続ける受注生産とカスタマイズのニーズに応えながら、小ロットサイズや市場投入期間短縮のプレッシャーにも対応できるようになります。

ホワイトペーパーをダウンロードしてシーメンスのデジタル部品製造の詳細をご確認ください。