Skip to Main Content
ホワイトペーパー

シミュレーション主導設計の4つのメリット

製品イノベーションにおけるシミュレーション主導設計のメリット

シミュレーション主導設計は、製品設計プロセスの早い段階でシミュレーションを活用する手法として定義できます。Aberdeenによるこの無料の報告書は、製品イノベーションの加速、コスト削減、製品の市場投入期間短縮、品質向上などのメリットをもたらす、プロセス早期のシミュレーションのベストプラクティスについて考察しています。

今すぐダウンロードして内容をご確認ください。

新たな課題によって明らかになる製品設計シミュレーションの必要性

製品が複雑化し、開発予算が削られ、市場競争が激化するなか、メーカーは製品の性能を設計段階からより詳細に理解する必要性に迫られています。より優れたイノベーションを求めるニーズは非常に重要であり、新たな市場機会を創出する起爆剤となります。さらに、より優れた品質と信頼性、より豊富な機能を備えた製品による差別化を求めるプレッシャーも大きくのしかかります。開発スケジュールや市場投入期間が短縮されるなか、画期的な製品を開発するための時間は少なくなるばかりです。シーメンスのAccelerated Engineering手法は、こうした問題を全面的に解決するのに役立ちます。

シミュレーション主導設計で生産性を向上

Aberdeenは、シミュレーション主導設計を「設計プロセスの早い段階でシミュレーションを活用する手法」と定義していますが、シミュレーション主導設計の基本原理はシンプルです。設計エンジニアの数が、シミュレーション専任者の数を5対1または10対1の割合で上回っていることを考えると、設計チームとシミュレーション専任チームを分離させる作業フローは、設計プロセスのボトルネックを生む原因になります。Aberdeenが定義した上位20%の「優良企業」 (各社が自己申告したパフォーマンス指標に基づく) を見てみると、設計段階に直接シミュレーションを導入して、シミュレーション専任チームのボトルネックを解消できるよう対処していることが分かります。この「優良企業」の定義を裏付ける表は、ダウンロード可能な完全PDF版の報告書に記載されています。

共有