Skip to Main Content
ホワイトペーパー

航空機の騒音を低減

航空機メーカーは、環境騒音を含む航空機の排出ガス規制の強化や、客室の音響快適性の向上に対する要求の高まりに直面しています。航空機の騒音の削減するために、エンジニアリング・チームは、機体の重量や性能の目標値を守りつつ、騒音問題を効率よく解決し、より静かな航空機設計を開発するよう迫られています。

このホワイトペーパーでは、詳細な音響試験と音響エンジニアリングのための完全なソリューションについて説明します。このソリューションでは、エンジニアが外部騒音と内部騒音の両方についてより効率的に音響測定を行うための多くの技術的進歩があります。詳細は、PDFをダウンロードしてご確認ください。

航空機の騒音低減技術

エンジニアリング・チームは、航空機の設計および開発のいろいろな過程で、さまざまな音響問題を克服する必要があります。革新的な航空機の騒音低減技術、および騒音問題を克服、抑止するための技法と、それらをいつ、どのように使用すべきかが説明されています。

航空機騒音認証

航空機騒音の認証基準は変化し続けています。環境に及ぼす影響を低減するために、航空機の設計に最新の騒音低減技術を取り入れるよう、規定はますます厳しくなっています。詳細はこのホワイトペーパーをお読みください。

航空機の開発において、客室快適性のエンジニアリングも重要な検討事項です。客室快適性のエンジニアリングが対応すべき2つの側面は、音響と温度の快適性です。これらの快適性は、乗員乗客が機内でどのように感じるかを左右します。内部音響設計は快適性にとって重要な要素です。航空機メーカーは、客室内の騒音レベルを低減させるだけでなく、人間の耳に心地よい環境を設計しようと努力しています。

効率的な航空機騒音の動作測定

動作測定には通常高いコストが伴うため、騒音の問題を解決したり、騒音制御対策の効率性を評価するための動作測定は慎重に計画および実行する必要があります。例えば、関連する現象を捉え、客室内の音響について迅速なインサイトを得ることができる柔軟な測定技術を使用することが重要です。

Simcenterのハードウェアおよびソフトウェアのテスト・ソリューションが、航空機騒音のための完全で確証性に優れた音響エンジニアリング・ソリューションを提供し、より静かで効率的な軍用および民間用の航空機開発に不可欠なインサイトを提供することについて説明します。

航空機騒音の発生源

当社の最新技術ソリューションにより、航空機メーカーは航空機の騒音源を特定および軽減し、より静かで環境に優しく、快適な製品を開発することができます。アレイベースの音源定位や伝達経路解析などの最先端技術を使用して、騒音発生メカニズムを深く理解し、騒音制御対策を効率的に設計する能力を身につけることができます。

共有