Skip to Main Content
ホワイトペーパー

アディティブ・マニュファクチャリングでイノベーションを加速

読了時間: 約4分
アディティブ・マニュファクチャリングによって製造技術を進化させたスウェーデンのガスタービン製造施設

あらゆるものをプリンターで作ることが可能なのか? 3D技術の世界にあっては、これは当を得た質問と言えるでしょう。
3Dプリンティング、またの名をアディティブ・マニュファクチャリングというこの技術は、デジタル・シミュレーションを通じてほぼすべてのもの、自動車さえも作り出します。

積層造形法で部品を製造するアディティブ・マニュファクチャリングは、さまざまな革新的な手法を用います。
3Dプリンティング導入のメリットはいくつもありますが、1つには、高コストの鋳造や加工用金型が必要ないため、製造プロセス全体を合理化できることが挙げられます。こちらのホワイトペーパーは、フィンスポング (スウェーデン) でガスタービン製造プロセス技術を進化させた事例を取り上げます。

フィンスポング (スウェーデン) のシーメンス工場で3Dプリンティングの利点を実証

アディティブ・マニュファクチャリングは、製品をコスト効率よく生産し、したがって消費者に低価格で提供できることから、製品を改善する大きな機会となります。スウェーデンのなだらかな丘陵地帯、Skutbosjön湖のほとりにあるフィンスポングという何世紀も昔から続く街で自動化と生産が出会い、素晴らしい3Dプリンティングとして結実しました。シーメンスは、フィンスポングのアディティブ・マニュファクチャリング生産装置の台数を増やし、予備部品のオンデマンド生産や新たなタービン用部品の生産、クラウドやデジタル・ツインを介したプリントとジョブ実行など、さまざまなニーズに対応したいと考えています。フィンスポングがモデル施設となって、業界リーダーたちが次世代の製造を見学するために訪れるようになるのが理想です。

アディティブ・マニュファクチャリングを活用して、全体的な製造プロセスを向上

アディティブ・マニュファクチャリングは部品の製造/修理プロセスに変革をもたらしています。従来の部品製造は、試行錯誤を繰り返さなければならず、長いリードタイムを要しましたが、革新的な設計とシミュレーションの登場により、技術とイノベーション、効率が一体となった迅速な製造が可能になりました。アディティブ・マニュファクチャリングは、最終製品の重量、消費電力、材料の使用量を削減するという、大半の産業やプロセスにもプラスとなる成果をもたらします。また、生産に必要な材料を削減することで、コストと環境負荷も最小限に抑えます。これはあらゆる製造企業が歓迎する多大なメリットです。

このホワイトペーパーをダウンロードして、急速に変化する技術の導入を考えている世界中の企業をシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアがどう支援するかをお読みください。

共有