Skip to Main Content
ホワイトペーパー

複雑な規制環境でソフトウェア開発のアジリティを実現

共有

アジャイル・ソフトウェア開発では、複数のチームやツール、情報などを連携させながら、さまざまなソフトウェアおよびハードウェア・コンポーネントをシームレスに統合することが求められます。統合することで新たな可能性が開ける一方、これまでになく困難な課題を開発チームとオペレーション・チームにもたらします。これまで縦割りで開発を進めていた各チームは、世界中に広がるダイナミックなエコシステムのなかで密接に連携しなければなりません。

組み込みソフトウェア開発プロセス

ベスト・プラクティスを使用して、複雑なソフトウェア・エンジニアリング環境にアジャイルおよびハイブリッド手法を導入します。

一元化された100%ブラウザー・ベースのオンライン・ソフトウェアPLM環境は、強力なルールエンジンを使用して詳細な作業アイテムレベルでプロセスを自動化するとともに、多方向のトレーサビリティにより規制への準拠を自動証明します。このホワイトペーパーでは、こうしたPLM環境でコラボレーションすることの利点を説明しています。

アジャイル・エンジニアリング・プロセスを使用する利点

  • 業務部門とIT部門の連携
  • 技術的な品質の向上
  • 軌道修正の機会の増大
  • リリースの予測精度の向上

ホワイトペーパーをダウンロードして、アジャイル手法の利点をすべてご確認ください。

エンジニアリング・ワークフローを合理化

Polarionアジャイル・ソフトウェア開発製品を使用しているシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのお客様は、作業アイテムレベルで合理化されたワークフローを簡単に確立できるため、開発、オペレーション、品質保証の間でタスク指向の情報交換が容易になったことを実感しています。最も一般的な手法のテンプレートにはすぐに使えるツールが付属しており、チームを速やかに軌道に乗せることができます。

詳細は、ホワイトペーパーをダウンロードしてご確認ください。