Skip to Main Content
ソリューション・ブリーフ

造船プロジェクト管理ソフトウェア: 統合データプラットフォーム

読了時間: 約9分
競争が激化して不確実性が高まるなか、造船所の将来は、予算どおり遅延なく品質要件を満たした製品を納入できるかどうかにかかっています。造船プロジェクトを制御し続けるために、造船所は前例のない複雑化がもたらすリスクを効果的に低減しなければなりません。まず最初に取り組むべきは、データ統合型の造船プロジェクト管理手法の導入です。

プロジェクト管理における統合型手法の利点

>今日、統合型のプロジェクト管理手法を採用することが重要になっています。プロジェクトの計画 / 実行を円滑に行えるかどうかが事業の成否を分けます。コスト、スケジュール、技術要件は、万全な計画に基づき、十分なリソースと予算が与えられたエンドツーエンドのプロジェクト管理ソリューションに統合する必要があります。これにより、相互依存関係を把握して適切に管理し、リスクを最小限に抑えられます。

エグゼクティブ・ブリーフをダウンロードして詳細をご覧ください。

Accurate planning for shipbuilding projects

An integrated project management system gives a project manager opportunity to build an accurate plan that includes resource optimization, workload balancing and critical path analysis for shipbuilding projects. Shipyards can adequately monitor real-time project progress and earned value against vessel performance requirements and project deadlines. Learn more in this solution brief.

More in the series:

共有