Skip to Main Content
インフォグラフィック

Capita E/Eシステム開発ソリューションをEV開発に統合

読了時間: 約4分

電気自動車 (EV) の販売は、今後10年間で従来型自動車の販売を上回ります。非電動車と比較して電気自動車の電気/電子 (E/E) コンテンツと複雑さは劇的に増大するでしょう。今すぐインフォグラフィックをダウンロードしてください!自動車メーカーとサプライヤーがCapital E/Eシステム開発ソリューションを使用して、EV開発のリーダーになる方法を紹介しています。

E/Eシステム開発で急成長するEV市場に追いつく

2020年の世界のプラグイン・ライトEVの販売台数は300万台でしたが、欧州は44%成長し、市場シェアを26%に拡大しました。加えて、今日の電気自動車には、平均して3,000本を超えるワイヤーで構成される大量の電気コンテンツが搭載されており、複雑さの増大という課題が加わっています。およびしかしご安心ください。自動車メーカーやサプライヤーは、シーメンスのCapital E/Eシステム開発ソリューションを使用して、これらの重要課題を解決することができます。

E/Eシステム開発向けCapitalを活用する利点を発見

シーメンスのCapital E/Eシステム開発ソリューションは、あらゆる規模の自動車会社サポートし、デジタルツールを使用してE/Eシステム開発を最適化する支援をします。Capital E/Eシステム開発ソリューションには次のような利点があります。

  • 利益率を向上
  • 航続距離を改善
  • 市場投入期間を短縮
  • 競争力を強化
  • ブランド認知度を向上
  • 顧客満足度を改善

インフォグラフィックをダウンロードして、E/Eシステム開発向けCapitalを使用する利点をご確認ください。

共有