Skip to Main Content
電子ブック

重機向けデジタル・マニュファクチャリングのガイド(エグゼクティブ編)

重機業界の戦略目標と目的を達成


最近の市況では、従来と同じ手法で進めても事業はうまくいかなくなりました。複雑な生産の問題を解決して事業を改善し、戦略目標と目的を達成するには、デジタル・マニュファクチャリングが不可欠です。

デジタル・マニュファクチャリングを導入した重機メーカーは次のような成果を上げています。

  • 市場投入期間の短縮
  • リスクの低減
  • 利益率の増加
  • 市場ポジションの向上

重機メーカーのエグゼクティブを対象としたこの電子ブックは、デジタル・マニュファクチャリングの助けを借りて、増大する製造課題を克服する方法を紹介します。

リーン生産方式のデジタル・ツール

メーカーは、革新的な設計、材料、製造プロセスを常に取り入れなければなりません。製品設計と製造エンジニアリングの間の緊密なコラボレーションは、デジタル・ツールでリーン生産方式を促進し、イノベーションを加速する鍵となります。設計エンジニアと製造エンジニアは、共通のデジタル・エコシステムで作業を行い、同じデータ・インフラストラクチャを共有することで、直接コラボレーションできます。

デジタル・マニュファクチャリングでリスクを低減

デジタル・ツインは、正確な製造計画、シミュレーション、検証を通じてリスクを減らし、コストのかかる問題が下流で発生しないようにします。 エンジニアリング、オペレーション(生産)、ビジネス・システム間のリアルタイム・コラボレーションにより、実際の製造に先立って、リソースの可用性、機能、生産能力を正確に検証できます。また、エンジニアは製造段階に発生する恐れのある問題を速やかに特定し、解決することができます。

重機業界で利益率を上げる

グローバル化とマス・カスタマイゼーションの流れを受けて市場の不確実性が高まりつつあるなか、メーカーにはさらなる柔軟性が求められています。重機メーカーが利益率を高めるには、エンジニアリング、オペレーション、および工場リソースのパフォーマンス・データをデジタルで接続し、エンタープライズ・システムや自動化システムと統合しなければなりません。

それにより、クローズド・ループのコラボレーションを通じて最適なオペレーション性能を保証し、変更コストを削減して最高の品質とオペレーション効率を維持しながら、イノベーションを加速させます。

シーメンスのデジタル・マニュファクチャリング・ソリューション

製造イニシアチブは、現在と未来の事業の進め方を変えるものでなければなりません。シーメンスは、企業が高い競争力を維持するために欠かせない、強靭なデジタル・マニュファクチャリング機能と安定したソフトウェア基盤を提供して、事業のデジタル・トランスフォーメーションを支援します。

この電子ブックをダウンロードして、今日のダイナミックな製造環境で深刻な課題に直面している企業が成功を収める方法を見つけましょう。

共有