Skip to Main Content
電子ブック

新技術を活用して、機械工場のオペレーションを最適化

読了時間: 約33分

相手先ブランド供給 (OEM) とそのサプライチェーン・パートナーは、産業機械の部品やコンポーネントの製造を行っています。両者にとって、製造現場の機能は非常に重要です。最高の信頼性と品質を確保しながら部品を迅速に構築し、許容誤差や精度の厳しい要件を満たしながら、より大きな機械へと統合する必要があります。これらすべてを行いながら生産能力を最大化しなければなりません。


最新の機械工場にロボット自動化を導入

幸い、こうした課題の多くは、機械工場がデジタル化を進め、デジタル部品製造を行うことで解決できます。ロボティクス、アディティブ・マニュファクチャリング、自動化ソフトウェアの強化など、デジタル化への取り組みを後押しする新技術により、機械工場は、どのCADアプリケーションのモデルもシームレスに準備して操作し、高品質のツールパスを自動的に開発して、生成したGコードの実行をシミュレーションできます。さらに、NCの知識をプロセス全体で再利用できるように標準化することも可能です。

機械工場で3Dプリント技術を活用

アディティブ・マニュファクチャリングを使えば、従来の製造手法では実現が困難または不可能だった複雑な形状も作成できます。メーカーは3Dプリントを使用することで、必要なオペレーション、セットアップ、マシンの数を大幅に削減できます。これで時間とコストが低減し、納入までの時間も短縮します。

機械工場は、統合型CAD、CAM、CMMソフトウェアスイートの利点を活用できる

シーメンスのデジタル部品製造ソリューションは、設計された3Dモデルを使用して部品をシミュレーション、加工し、部品製造を同期化してオペレーション効率を改善できるように機械工場を支援します。デジタルプロセスと物理プロセスを完全に統合し、継続的なデジタル通信とフィードバックのループを構築して、部品設計への変更が、広範な製造プロセスにどのような影響を及ぼすのかを把握します。

機械工場のデジタル化に関するLifecycle Insightsの最新の電子ブックをダウンロードして、今日の機械工場のニーズについて考えてみましょう。

共有