Skip to Main Content
電子ブック

IoTとローコードによる製造プロセスの改善

共有

産業用モノのインターネットは、製造企業のオペレーションを一変させ、製造プロセスを改善する力を秘めています。IoTが生み出す年間の経済的価値は、2025年までに実に最大11.1兆ドルに上ると予測されています。

しかし、産業用IoTは万能ではありません。パーソナライズされたローコード・アプリの設計にローコード・アプリケーション開発プラットフォームを活用することで、IoTの強化と最適化が可能です。

この電子ブックは、MindSphere (サービスとしての産業用IoTソリューション) とMendix (ローコード・アプリケーション開発プラットフォーム) の組み合わせが、業界や規模を問わず、あらゆる企業にとっていかに理想的かを紹介します。


ITとOTの連携

IoT環境はとかくそれ以外のシステムと連携していないものですが、MindSphereとMendixによってITとOTの連携が実現し、ITとOTのシステム間、およびERPや、CRM、SAPなどの外部システムとも通信できるようになります。複合的に解析することで、実用的なインサイトの取得や、顧客体験の向上、オペレーションの合理化が実現します。

IoTにおける設計課題をローコードで解決

Mendixは、業界をリードするオールインワンのローコード・アプリケーション開発プラットフォームです。マルチエクスペリエンスなエンタープライズ向けの大規模アプリケーション開発を目指す企業のIoT設計課題を解決します。Mendixのプラットフォームは、各ステップでコラボレーションしながら、開発ライフサイクル全体 (構想から展開、オペレーションまで) を加速できるように設計されています。

開発者のスキルレベルに幅があっても問題ありません。コードを1行も記述することなくマルチエクスペリエンス・アプリケーションを開発でき、組織の求めるソリューション需要に応えます。MindSphereは、Mendixアプリケーションプラットフォーム上に構築されているため、シーメンスとグローバル・パートナーまで含めたエコシステム全体で、パーソナライズされたIoTアプリケーションを迅速に構築し、統合できます。

シーメンスのMendixとMindSphereを統合する利点

産業用IoTの価値を高めるために、シーメンスのMindSphereとMendixを統合する主な5つの利点について、詳しく紹介します。

  1. 従業員の力を引き出す: シチズン・デベロッパーが完全に統合されたMindSphereとMendixはMindSphereを活用し、ワークフローやプロセスを改善できます。
  2. ITとOT間の接続を改善する: MindSphereとMendixの接続機能によって、より多くの実用的なインサイトを取得できます。
  3. アプリケーションのエコシステムを拡大する: 作成したアプリは社外との円滑なプロセスに活用できるほか、新しい事業関係の構築にも役立ちます。
  4. 旧式のツールを改善する: 新旧のデータソースを接続し、新しいアプリケーションを作成したり、既存のものを拡張したりできます。
  5. ソリューションをパーソナライズする顧客や従業員が必要な各種の機能を搭載したネイティブアプリを、Mendixによって作成できます。

この電子ブックをダウンロードして、ローコード・アプリケーション・プラットフォームでより良いIoT実装を達成する方法を学びましょう。