Skip to Main Content
電子ブック

やさしく解説 - MBSE (MBSE For Dummies)

イノベーションが航空宇宙 / 防衛業界の進化を後押ししています。この業界では、安全性は譲れない要素であり、複雑化は避けられません。やさしく解説 - MBSE (MBSE For Dummies: シーメンス特別版 ) は、航空機などの非常に複雑な製品の設計、開発、製造、および継続的な保守業務に構造的、堅牢かつ俊敏なプロセスを導入することで、複雑さを競争優位に変えるためのガイドです。

やさしく解説 - MBSE (MBSE For Dummies) は、製品開発プロセスにかかわるさまざまな関係者を理解したうえで、全員が革新的な考え方を持つ必要性について言及しています。デジタル化されたモデルベース・システムズ・エンジニアリング (MBSE) は、サイロの壁を打ち破り、航空宇宙 / 防衛関連製品の次世代の進化を実現するコラボレーションと相互接続を推進します。

電子ブック「やさしく解説 - MBSE (MBSE For Dummies)」は、無料でダウンロードして、お好きな時間にお読みいただけます。

やさしく解説 - MBSE (MBSE For Dummies): システム・エンジニアリングを最新化

MBSE主導のデジタル・スレッドは、プログラムの実行を大幅に改善する次の機能を提供します。(詳細は電子ブックをご確認ください)

  • モデリングを使用してシステムズ・オブ・システムを定義し、製品の要件とアーキテクチャを確立して継続的に改良

  • 複数分野にまたがる設計を最適化し、これまでにない速さで最高の設計に到達

  • 構築する前に仮想でテストして、テストの量、リスク、コストを削減し、プログラムの効率を向上

  • すべての要件と検証計画を追跡して、コンプライアンスを確実に達成

MBSEの利点

MBSEデジタル・スレッドは、すべての製品開発データを取得して接続し、プロジェクト・チーム全体がアクセスできるようにします。製品ライフサイクルの全期間を通して、変更の影響を受ける箇所をすべて可視化できるという利点もあります。MBSEデジタル・スレッドを使用すると、技術プログラムを調整して正しい結果を得られます。

今日の航空宇宙/防衛企業が直面する課題の解決には、ドキュメント中心のモデルベース手法から、より包括的なデジタルのモデルベース・システムズ・エンジニアリング手法への移行が必要です。包括的なデジタルのモデルベース・システムズ・エンジニアリング手法へ移行することが、製品開発、要件の展開、および全体的な設計、解析、妥当性確認、検証作業の統合を効果的に管理できるようにするための唯一の方法です。

やさしく解説 - MBSE (MBSE For Dummies):チームの枠を超えてコラボレーション

本書はでは、メーカーがサイロ化を解消してチーム間のコラボレーションを促進する方法を紹介します。MBSEは、部門や領域に関係なく、すべての関係者が情報を理解できるように、デジタルツインを介して複雑なエンジニアリング・データと製品データを同一条件で比較します。このアプローチにより、領域の枠を超えて専門知識を取り込み、プログラム全体で知見を活用できます。

MBSEには、アーキテクチャの相互運用の​​4つの基本パターンが含まれています。

  • 問題と解決策を把握

  • 他者を巻き込む

  • 知識の活⽤

  • クローズド・ループの検証と妥当性確認

MBSEはアジャイルか?

MBSEは、情報の収集と管理を改善して、企業の俊敏性を高めるサポートをします。コストの超過やスケジュールの問題を減らして費用を削減し、より迅速に市場投入する方法を学びます。MBSEを使うとなぜリスクを低減して、問題なくテストと製造を完了できるのかを探りましょう。

MBSEプロセスは、企業が複雑さを活用して、効果と競争力を高めるのに役立ちます。詳細は、電子ブック「やさしく解説 - MBSE (MBSE For Dummies: シーメンス特別版 ) 」をダウンロードしてお読みください。

共有