Skip to Main Content
電子ブック

統合型プロジェクト計画で制御を取り戻す

ハイテク船や多目的船の需要が高まるにつれ、造船プロジェクトはますます複雑になっています。この複雑さの増大は、造船業者が統合型プロジェクト計画ソリューションを導入する必要があることを意味します。統合型プロジェクト計画ソリューションを導入しないと、コストが制御不能になったりスケジュールに遅れたりと、大惨事を招きかねません。

造船所管理システム

すべてのプログラム管理データを1か所に格納する造船所管理システムがあれば、複雑さを競争優位に変えることができます。 システム・アプローチを採用するということは、過去のプロジェクトから学び、学んだことを将来のプロジェクトに活かせることを意味します。 プロセス全体を可視化して、深刻な「スコープクリープ」を回避することもできます。

プロジェクト・コスト統合

統合型プロジェクト計画/実行ソリューションには、スケジュール要件と技術要件に加えて、コスト統合も含まれています。 これら3つを統合することで、チームは正しい想定に基づいて迅速に意思決定を下すことができます。

プロジェクトの入札を一元化

プロジェクト計画にシステム・アプローチを導入することで、プロジェクトの入札を容易に一元化できます。過去の入札の情報を格納する中央データベースがあれば、過去のプロジェクトから学んだ教訓を取り入れて、継続的にプロセスを改善していくことが可能です。

今すぐ電子ブックをダウンロードして詳細をご覧ください。

共有