Skip to Main Content
電子ブック

領域の枠を超えたエレクトロニクス設計ソリューションでエレクトロニクス・システムを設計

急速に変化するエレクトロニクス業界で企業は、複数領域をまたぐ設計でイノベーションを実現する必要があります。システムの複雑化が進むと、システムのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性のあるすべての要素を完全に把握することが難しくなります。

品質改善と市場投入期間短縮を進める企業は、障壁を克服するためのデジタル・トランスフォーメーションを必要としています。ところが、製品の複雑さが増大しているにもかかわらず、多くの企業は時代遅れの慣行を維持しています。 サイロ化したデータ、バラバラなツールセット、手動のハンドオフ、冗長なプロセスにより、設計者とエンジニアはイライラを募らせ、処理速度が低下しています。チームはリアルタイムでコラボレーションできないため、自分の行った設計変更が他の領域にどのような影響を及ぼすのか分からず、非互換性と信頼性の問題が発生しています。

今日のエレクトロニクス市場で活躍するエレクトロニクス設計ソフトウェア

すべての新製品は、設計開発と意思決定の基盤およびバックボーンとなるコンセプトから始まります。多数の設計コンセプトにwhat-if解析を実行できる機能があれば、より持続可能で費用対効果が高く、容易に調達できる材料を使用した製品を開発することができます。これは、貴社と貴社の顧客の収益に悪影響を及ぼすことなく達成することが可能です。

電子ブックをダウンロードして、複数領域をまたぐ設計戦略を策定する方法をご覧ください。

領域の枠を超えたコラボレーション・アプローチを実現するエレクトロニクス設計ソリューション

システムの複雑さが増すにつれ、領域の枠を超えてコスト、時間、品質を制御する、新たなコラボレーション・アプローチを導入する必要があります。ドキュメントを中心とした従来のテストベースのアプローチは、現在の複数領域分散型システム・エンジニアリングにはそぐわなくなっています。 今日のエンジニアに必要なものは何でしょうか?

モデルベース・システム・エンジニアリング(MBSE)のアプローチを使えば、設計チームとエンジニアリング・チームは連携して作業することができます。ドキュメント中心のプロセスをモデル中心のプロセスおよび構造化された設計プロセスに置き換えて、最先端の設計ツールで今日のコンシューマー・エレクトロニクス製品を設計できます。

チームを非生産的な作業から解放するエレクトロニクス設計ソリューション

チームがサイロ化するとコラボレーションが困難になり、明確なデジタル証跡も生成されないため、重要な情報の収集と再利用が難しくなります。チームは、最新の仕様が含まれていない可能性のあるドキュメントを探して貴重な時間を浪費してしまいます。 その結果、ミス、要件/目標の未達、複数の設計変更指示(ECO)、製造遅延が発生します。

この電子ブックを読むと、電気機械設計に単一のプラットフォームを使用する設計チームが、どのように次のことを実現しているのかが分かります。

  • 最先端の設計ツールを使用したコンカレント設計

  • 領域の枠を超えたシームレスなコラボレーション

  • 継続的な製品検証と妥当性確認

共有