Skip to Main Content
電子ブック

How-toガイド: 一元化された正確なBOM (部品表) を作成するさらに効果的な手法

正確なBOM (Bill of Materials) の作成には、製品開発に携わるすべての人がかかわる必要があります。

Lifecycle Insightsによる電子ブック: 「一元化された正確なBOMを効率的に作成、管理する方法」は、次の機能を紹介します。

  • 複数のデータソースを同期して、すべての設計領域から正しいBOM情報を取得
  • BOMの最新バージョンに簡単にアクセス
  • BOMを使用して、製造オプションの異なる製品バリエーションを追跡
  • BOMの作成と管理の課題を解決

この電子ブックを読むと、非常に正確な最新のBOMを関係者全員に展開することがそれほど難しくないと分かります。


すべての製品開発でBOMの効果と可視性を高める方法

BOMは、エンジニアリング、製造、調達、販売、財務経理、保守、管理を接続するデジタル・スレッドであり、製品開発に欠かせません。

このため、簡単にアクセスして表示できる効果的なコラボレーション型BOM作成プロセスを採用することが重要です。

ネットワークに接続されたスマートな機能への期待が高まるなか、日常製品はかつてないほど複雑化しています。

こうした需要により要件が増加してバリエーションも増えますが、製品ライフサイクル管理 (PLM) ソフトウェアを使えば、正確なBOMも簡単に作成することができます。

さまざまな種類のBOMを同期化する

完全で正確なBOMには、機械、電気、エレクトロニクス、ソフトウェアの部品とコンポーネントが含まれています。

このデータをすべて手動で一か所に集める作業は、面倒で時間がかかり、人的エラーの発生しやすい作業です。

最新のPLMソリューションがこの問題を解決します。設計変更が加わるたびに、最新のインプットに基づいたBOMを自動生成します。

このデータには組織全体からアクセスできます。遠隔地からのアクセスも可能であり、信頼できる唯一の情報源を使ってビジネス上の意思決定を適切に下すことができます。

製品のバリエーションに対応する方法

製品にはさまざまなバリエーションがあり、色、サイズ、ソフトウェアへの小さな変更が調達や在庫管理、販売に影響を及ぼすことも珍しくありません。

ここでBOMが、「必要なデータの正確かつ最新の状態を維持する」という重要な役割を果たします。

スプレッドシートなどの従来の手法でBOMを管理しようとすると、すでに複雑なプロセスがさらに複雑になってしまいます。

PLMベースのBOM管理を実装すれば、BOMがバリエーションに対応するため、追加コストが低減してエラーの可能性も激減します。

クラウドベースのPLMソリューション組み込みBOMソフトウェア

クラウドベースのPLMソフトウェアは、大企業と中小企業の両方に費用対効果の高いBOMソリューションを提供し、多くのメリットをもたらします。

  • 効率性: 特定のニーズを満たすように調整されたソリューション
  • 生産性: 会社のワークフローに関する深い理解
  • 高速実装: ブラウザを介した即時アクセス
  • 総所有コストを分散: サブスクリプションなら、高額な先行技術投資は不要
  • コラボレーションの拡張: 社内外の関係者によるインプットが可能
  • セキュリティ: 知的財産の安全性を維持

SaaS PLMソリューションを導入すると、エンジニアリング部門から保守部門まで、誰もがどこからでもBOMに簡単にアクセスできるようになります。

PLM SaaSの無償評価版をぜひお試しください。

登録して、BOMソフトウェアを統合したTeamcenter Xの無償評価版をお試しください。すぐに作業を始められ、BOMの多くの側面をコスト効率良く自動化して可視性を高められる手法をご確認ください。

共有