Skip to Main Content
電子ブック

航空機の認証プロセスを効率化する5つのデジタライゼーション

デジタルの検証・認証管理アプローチには多くの利点あります。この電子ブックでは、航空宇宙 / 防衛関連の開発プログラムを効果的に実行することを目的として、要件管理から検証、認証までの一連のプロセスに検証・認証のデジタルスレッドを導入する5つの手法を紹介します。

デジタライゼーションが航空機認証に及ぼす影響

デジタライゼーションは、設計・製造オペレーションの大きな柱として位置付けられています。時間がかかり、ミスも混入しやすい手作業に替わるものとして、検証・認証作業の管理にもデジタライゼーションを取り入れる必要があります。

デジタル認証管理システムを導入すれば、リアルタイムのレビュー/構成管理に対応するとともに、計画、試験定義書、手順書などのドキュメントを細かい粒度で変更でき、ドキュメント中心のアプローチからデータ中心のアプローチへと移行することができます。

デジタル認証管理システムは、開発チーム、製造企業、OEM、サプライチェーンのすべてが共通して使用する標準システムを構築し、一元的なデータセットを一貫して提供します。このシステムで航空宇宙/防衛企業は、サプライチェーンまで含めた拡張エンタープライズ内の責任分担に基づいて、強制力のあるワークフローを定義し、責任を共有しながら認証作業を進めることができます。共通プラットフォームのダッシュボードには、リアルタイムのレポート/アナリティスク機能が含まれています。これで耐空証明のプロセスを常に可視化し、予算超過や納期遅れを回避します。クラウド経由の安全なサービスであるため、時間や場所を問わず認証データの作成、修正、リンク付け、追跡が可能です。

航空機の要件管理

シーメンスの「検証管理」のデジタル・スレッドで航空機の要件管理を行えば、航空宇宙/防衛関連の開発プログラムの包括的なデジタルツインを作成して、ワークフロー主導の検証・認証作業を日々の製品開発作業に組み込むことで、認証プロセスを加速することができます。この合理的なクローズド・ループのアプローチで、検証・認証要素の依存関係を全体の航空機開発プログラムの計画に反映させ、開発の各段階で認証目標を確実に達成できるようにします。

クラウドベースのサービスである「検証管理」は、領域の枠を超えてサプライチェーン全体で生ずる検証・認証の成果物の完全なトレーサビリティを提供します。この単一の統合型の環境は、検証・認証作業が要件主導かつ正しい順序で計画、実行されるようにします。

それを支えるのがSiemens Xcelerator as a Serviceです。世界で最も包括的なデジタルツインのパワーをこれまで以上にスケーラブルかつ柔軟に、アクセスしやすい形で提供します。 デジタル・トランスフォーメーションのけん引役、Siemens Xcelerator の詳細をご覧ください。

共有